QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び出し

泊まったお宅はおじさんと奥さんの2人きり。子供たちはウダイプルとバンガロールで勉強しているそう。

ここのうちは、なんか・・・アーシュラムみたいだった・・・。
言い方を変えれば、何かの更生施設のよう・・・。

朝は5時には起床して、たっぷり2時間くらいウォーキング。
その後は、果物と野菜の朝食。

夕飯も簡単というか、軽いベジ食。

家の中もインド人の家にあるまじき(?)静寂。
TVはあってもつけないし、見ても宗教番組とニュース程度。

で、夜は8時か9時には消灯。

・・・すっごい


ガントクに着いた翌朝、ウォーキングに行ってくるけど?と言われたので、一緒にくっついていったら、途中でおじさんに、向こうからすごく偉い人がやってきたよ、と言われた。

別にふつ~のおじさんだったけど、その人は、シッキム州政府首相の第一?筆頭?秘書だった。

泊まっている家のおじさんがchunuを紹介してくれ、ちょっと話をしたら、なぜか、昼間オフィスに遊びに来なさい、と呼び出しを受けてしまった。ヒンディー語やネパール語を話す外国人を初めて見たらしい。

おじさんたちはコーフンしてたけど、chunuはなんだかなぁ、とちょっと面倒くさい気分。

でも、呼び出されたからには、行かないと。

言われた時間に、庁舎(?)に行くと、結構中に入るのが面倒で、理由を聞かれたり、名前を書かされたりした。まぁ、日本やらと比べれば、ぜんっぜん簡単なもんだけど・・・。

で、例によって、「偉い人」との面会だから、待たされる待たされる。1時間くらい待たされたんじゃないかなぁ?

やっと中に呼ばれて、ひとりで入っていくと、数人のおじさんたちと秘書氏は話をしているところだった。

数人のおじさんたちはシッキム州の大臣だそう。

でもねぇ・・・あんまりよくわからないから、あぁ、そう。という印象しか持てなかった。そういうのにテンションあがる方じゃないしなぁ・・・。

とりあえず、秘書氏の前に座って、大臣氏たちと一緒に雑談してきた。おじさんたちは一様に、日本人にはたくさん会ってきたけど、ヒンディーやらネパーリを話すのには、初めて会った、口をそろえていた。

そりゃー そうでしょう。キミらはchunuみたいなシモジモのモノとは滅多に会うことないもんねぇ。日本の立派な偉い人たちはみんな英語しゃべるし。

そういえば、話をしていて、ある大臣氏がサヨナラという日本語は知っている、と言うから、あー、映画であるもんねぇ。ラブイントーキョーの中でラターマンゲーシュカルが歌ってる。と答えたら、すっごくびっくりされた。

唯一、このときだけは、ふふふんという気分になった。

いろいろ聞かれたり、話したりして、1時間近くそこにいたのかな?

じゃぁ、と開放されたときは、ほっとした。

やっぱりああいうところのああいう人たちは苦手。

でも、まぁ、なかなか経験できない(?)ことだろうから、良かったのだと思う。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。