QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較

そういえば、コーチンってオート(リキシャ)が普通のより1.5倍くらい大きいような気がする。

最初は気のせいかな?と思っていたけど、やっぱり大きい。たぶん。

なんでだろう?

それはさておき、上陸後。

ガイドさんがココナッツからお酒を作るという話をしたときに、参加者の中で買いたい!という人が出てきて、急遽そこで作ったお酒を売ってもらうことになった。chunuは買わなかったけど、後で飲ませてもらったとき、コードのチャンみたいだなーと思った。どちらも発酵させて作るお酒だから、味の傾向は似るんでしょうね。こちらはかなり甘みの強い甘酸っぱいだったけど、美味しかった。

あとは、珍しいものを見た。

 
すぐにわかっちゃうかな?

これはカージュー(カシューナッツ)。ただし、下にくっ付いてるのがじゃありません

カージューは黄色い実の中。あれも種だからね。



島をあちこち案内されたあとは船に戻って昼食。ケーララの伝統的な食事と案内されていたので、ほとんどの人がシーフードだと思っていたのに、出てきたのは普通のお皿に盛られた野菜カレーだった。

食後は小さな舟で小さな川をゆらゆら。


こんな舟でゆきます。


出発するときはまだ川もちょっと大きい。


徐々に中に入って、あとはずっとこのくらいの小さな川を進みます。

途中で椰子の繊維から縄を作っているところを見学。

 
椰子の繊維をながーく伸ばして、


木の板(?はっきり見えなかった)で、まとめて(?)縄の完成。

こういうのを見ていると、ダランを思いだす。作り方は違うかもしれないけど、マデーシあたりだったら椰子から縄とか作ってるかもしれないなぁ。

その後は、また舟に戻ってゆらゆら。
写真は取れなかったけど、カワセミも何度か見られた。

ツアーはだいたいこんなもん。

内容と料金はちょっとつりあわない気がしたけど、自分ひとりじゃこれら全部を手配できないし、まぁよかったのかな。


おまけ
 
この日、何かのプージャーがあって、象さんが各家にお布施をもらいに回っていた。聞いたら、デーヴィープージャーって言ってた気がするけど、あまり定かじゃない・・・。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。