QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音量

今日は整体の日。

11月に突然腰が痛くなり、原因は骨の向きの異常ということで
いま、矯正をしてもらっている。

先生は中国の人で、なかなか面白い。
いや、chunu的にはかなり面白い。

基本的に真面目な先生だけど、

おしゃべりがすき

インド人並みの大音量で陽気にお話しされる。

ほぼ毎週、習い事のようにきっちり通っているせいか、
最近はだんだん慣れてきて、いろいろな話をするようになった。

そもそも、先生と仲良く話ができるようになったきっかけは
お酒の話題だったという・・・sharabiな医師と患者です。
(ついでに先生は日中両国の医博でホンモノのDr.)

今日もあれこれ話していたら、面白い話を聞かせてくれた。


先生が初めて日本に留学してきた80年代に比べ、
電車の中は、とても騒々しくなったとのこと。

とくに若い女性。

そういう年代の人が乗ってくると、車内がどんなに静かでも
大声で話をして、大声で笑う。

と言っていた。

あー、たしかに、電車内のマナーは以前に比べて
格段に悪くなっているよなーと思って聞いていたら、

これはきっと、日本の女性は自己表現を強くするようになったからだと思われる。
どんな場でも自分に視線を集めたいと思って行っているのであろう。
(つまり、女性は益々強くなっていっている)

と突如として、アカデミックな考察論が飛び出してきた。

あら~ そっかー。

まー、その辺りのことはよくわかんないけど、車内で話す女性の声の
ボリュームが上がっているという指摘はすごく興味深いものだった。

意識したことなかったけど、言われてみれば確かにそうかも。

その後、声のボリュームの話になり、

中国人は声が大きいけど、そのままの声で話すと日本では下品だと
思われるって学んでから、声をひそめて話すようになったよ。
あはははははー

と結構な音量で教えてくれた。

先生の迷(?)講義、次回はいったいなんだろう?



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。