QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出立

楽しかったシッキムともいよいよお別れ。

さむーい早朝や昼間、お菓子屋さんに行って、お菓子をいくつか見繕って熱々のチャエと一緒に立ち食いしたり(店内で立ち食いできるところが多かった)、昔からある古い市場にもぐりこんで、あれこれ食材などを見ては「うわっ!安っ!」「ほしいなー、ほしいなー」などと思ったり、楽しい体験もできた。

さて、もう帰らなければなりません。

あと数日いてもよかったなーと少々未練を残しつつ、朝早くホテルをチェックアウト。

チェックアウトの時、タクシー乗り場を聞いて行ってみたけど、そこからは出てないと言われ、仕方がないのでとぼとぼ歩いていたら、後ろからタクシーに声をかけられた。今回はあまりつらい思いをすることなく、すんなりジープ乗り場までたどけた。よかった。

ジープ乗り場に着くと、客引きがひとりやってきて、荷物を持って自分のジープへさっさと行ってしまった。ここも定員出発制で人が集まらないと出発しない。ジープに対して、お客が少ないので出発まで時間がかかりそう・・・。

ジープの中は寒いので、外に出て日向ぼっこをして待つ事に。
日向ぼっこをしながら、客引きたちの様子を見ていると、なかなか面白い。

車が走ってきたらすぐに駆け寄っていく人、人数が乗ってそうな車にだけ絞っていく人・・・。観察してると、やっぱり上手下手が見えてくる。わーっと群がったものの、全然お客に近づけないとか、早くから駆け寄っているのに、他の客引きにいつも必ず取られてしまうとか。

chunuの乗るジープの客引きはものすごい下手くそ・・・。

あきらめるなよー!とか、ほら!行けー!割り込め~!とか、気づけー!とか、思わず声を送りたくなるくらい。

しばらくして、どういうわけか他の車からひと家族移動してきて、人数が増えたようなので、ジープに戻って元の座ろうとすると、インド人男性に「俺の席だ」と言われた。窓際の席じゃなくてもいいけど、男性にギューギューに挟まれて何時間も揺られていくのはヤダ。他の人にも交渉してみたけど、誰一人として譲ってくれない。

途方に暮れてしまったら、最後尾に座っていたアビシェーク・バッチャンにちょっと似たお兄さんが、この人の隣ならいい?と自分の座っていた席を譲ってくれた。

最後尾の座席は少しだけ前の座席との隙間が広いので、背の高いカレにはちょうど良かったはずなのに。お礼を言ってそこに座ると、隣の女性にこっちがいい?と聞かれた。窓際に座りたいわけじゃないので、そのままで大丈夫ですと答えて、しばらく話していたら、彼女たちはバングラデシュから来た家族だと言っていた。若いけど、彼女がさっきのアビシェーク君の母親だそう。はー・・・。

しばらくして、ジープが走り出した。

今回の車内はビジネスマン風のインド人おじさん一人がケータイでがなっている以外はとても静か。合唱もないし。

このまま何もなくダージリンまで行ければいいなーと思っていたら、思わぬことが起きた。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。