QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロープウェイ

話を戻しましょう。

ガントク・・・ここもまた坂道の町。そのうえ、ダージリンより急。
遊びに出たものの、坂しかない道に「うへー」となりつつ、えっちらおっちら歩き回った。

ここに来たらロープウェイに乗りたいと思っていたので、乗り場を探して歩くものの、まったくそれらしきものが見当たらない。道端にあるお店で聞いても「ロープウェイ」が通じない。箱みたいなのに乗って上から下に行くやつ!と言うとようやく通じるあり様・・・マイッタナァ

いろんな人にいろんなところで場所を聞き、ようやくたどりついたはいいけど、今度は窓口に人がいないーー!

それっぽい人を見つけ、乗れるか聞いたけど、待ってろだけしか言わないので、嫌気がさして頂上の乗り場に移動することにした。近くに遊歩道っぽい道を見つけたので、そこをテクテク。


ここを歩いて頂上へ



遊歩道には、所々で風景を見て休めるベンチがある。

高い所にいる、ってわかるかなぁ?

段々畑がとても綺麗で印象的だった。
 


ここの遊歩道ではちょっと忘れられない光景に出会った。

休憩所兼ビューポイントのベンチのところに若いインド人グループがいた。高校生か大学生かな?男女2人ずつの4人組。ごくごく普通の子たちだったけど、そのあと思わずギョッとしてしまった。

女の子がすっと懐からタバコを取り出し、馴れた手つきでジッポーで火をつけて吸い始めた。女性がタバコを吸ってはいけないということはないけど、インド人女性がタバコをふかし始める姿にはあまりなじみがないので、驚いた。思わず目は釘付け。chunuの視線に気づいた女の子はバツの悪そうな顔。

これからはこういう光景も当たり前になるのかもなーと思いながら、先に進み、今度はネパール人の男の子5,6人のグループに会った。この子たちは中高生くらいかな?と思っていたら、こちらもタバコをスパスパやりだした。これには驚かなかったけど、そのあとの光景にまたギョッ!

火のついたタバコをサルに投げつけ始めたのだ。当たってサルが悲鳴をあげると大喜びしている男の子たち。ひどいことするなぁ・・・。他のサルを見つけると、あの手この手で自分たちの近くにおびき寄せ、また火のついたタバコを投げつける。

苦々しい気持ちで頂上まで来ると、すぐ脇にロープウェイ乗り場があった。

ロープウェイの切符は片道と往復がある。往復で切符を買ったほうが片道ずつに分けるより安いので、往復を購入。高いところも嫌いなら、不安定なところも大嫌い。そのくせ、こういうのに乗ってみたいと乗り込んで、ゴトゴトと動き出せば青ざめてガクブル。

怖いながらも、カメラを構えてパチリ

出発進行


町の上を移動

窓の外の風景はうまく撮れなかったので、写真はこれだけ。ゴトゴト揺れるのがやっぱり怖くて、必死に手すりにつかまってたし

とはいえ、このロープウェイはそんなに長距離ではないので、思ってたよりあっさり早く行き来は済んでしまった。怖がりだから、ちょうどよかったかも

これで念願果たせて満足


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。