QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤算

霧が出たせいか、あたりはだんだん暗くなり、雨も降ってきた。その上、この寒さ。

まったくの想定外。誤算だった・・・。

山道を下ったり上ったりしながら、揺られ揺られて、遠くの方に町らしきものが見えてきた。とはいえ、目的地は見えど、なかなか辿りつかないのが山での移動。

ずいぶん時間が経ってから、ようやく町に入った。

町の中の道も小さくて狭い。

運ちゃんに、この後どこに行くのか聞かれたので、ホテルのある通りの名前を言うと、ここで降りろと降ろされた。




降ろされるなり、客引きがやってきたので、泊まる予定のホテルの名前を告げて、道を教えてもらった。

・・・それにしてもなぁ・汗

一応、地図は用意しておいたものの、またしても誤算をしていた。

地図は平面。でも本当は斜面。

地図で見れば向こう側の道でも、実際には斜面を登った上の道になる。つまり、chunuは山や斜面があるということを全く考えていなかったのだ。

だから、もう、何が何だか・・・。

目的のホテルは地図では現在地から一本向うの道なのに、実際には、斜面を登っていかなくてはならない。しかも、斜面だって、曲がりくねった道。途中途中で、人にこの道を上がれば○○ロードに出る?と聞きながら登ること十数分。どうにかそれらしきところへ到着した模様。

ジープを降りた時はあんなに寒かったのに、今は軽く汗ばんでる。大きな荷物を背負って山道を登るだなんて・・・トレッキングじゃーんkao06トレッキングキライ

さて、あとはホテルを探すだけ。

たぶんこっちでいいんだよな~と思いながら進み出したものの、自信がない。誰かに聞こうと思って辺りを見回すと・・・

あ、女性2人連れが前を歩いてる

こっちの方が、インドと比べて(?)、女性が歩いている率が圧倒的に高い。道行く女性がインドにはいない、という訳ではないのだけど、なんか違う。

とにかく、この人たちに聞こうと後ろから2人の前に回りこみながら声をかけると、

怪訝な顔をされたかおまる

怪訝、というか、あ~~ヤダっ!みたいな感じ。

日本人と同じようにネパール人も英語で話しかけられるのが苦手。だから、外国人に声をかけられるのはあまり好まない。これに取れるchunuの唯一の対策は、えくすきゅーずみーと言った後にソッコウでネパール語で話すこと。

嫌な顔をされてもひるまず、すぐにネパール語で○○ロードはここですか?と聞いてみた。

最初はchunuから遠のき、逃げようとしていたけど、ネパール語を耳にするなり「え?ネパール語話せるの?」と驚きつつも、ここがその○○ロードよ、と教えてくれた。

そのあと、どうして話せるの?と聞かれたので、以前ダランにいたからと答えたら、あら~と喜んでくれた。ダランはダージリンからも近いので親近感を持ってくれたみたい。どこに行くのか聞かれたので、ホテルの名前を告げると、それならすぐそこよ、と前を指さすので見てみると、前方に看板が出ていた。

お礼を言って、2人より先に進んでいったら、ホテルの入り口を通りすぎてしまったようで、後ろから、行きすぎよ~!入口はそこそこっ!!と声が飛んできた。

恥ずかし~~っ

おかげさまで、やっとこさホテルまで辿りつけました。心配していた時間はまぁまぁかな。夕方にはなっちゃってたけど、暗くなる手前で到着できたから、よしとしましょう。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。