QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思わぬ親切

以前ここに来たのは、学校の遠足。

だから、ファテプールまでの道のりなんて、何一つ覚えていない。

普通のバスに乗って、自力で来たのは当然初めて。

バスを降りた後、いったいどっちに行っていいのやら見当がつかない。

まぁ、でも、近くにゲートがあったから、そっちだろうと歩きだした。

あ、そうそう。

バスを降りると、自称ガイドたちがドドっとお客さんに群がってきたのに、相変わらずchunuはスルーされた・・・。

なんで???



ゲート近くの露店のおじさんに、ファテプールの入り口はこっちでいいのか聞いて、そのまま直進。ただ、通ったこともないところだし、どれだけ進んで行けばよいのか、やっぱりわからない。

どうしようかと思いながら歩いていたら、chunuの横を若いカップルがすり抜けていった。

・・・あ、この人たち、バスで一緒だった若夫婦だ。

たぶん、新婚さんなんじゃないかな?デートしに来たのかも。

若夫婦には自称ガイドが張り付いていて、道を盛んに教えている。そんなガイドもどきをあしらいながら、時折旦那さんが振り向いてはchunuのことを気にかけてくれている様子。決して近づいては来ないけど、曲がるときはその場で待っててくれたり、こっちだとおいでおいでをしながら、一定の距離を保ちつつ先導してくれた。

ありがたいなぁ涙

おかげさまで、道を迷うことなくファテプールの入り口までたどり着けた。

考えてみたら、そこまでの道もまたローカルで、道なき道・・舗装されてない急斜面の泥道をひたすら登り続けた。

斜面を登っている途中で、少し離れたところから、先導してくれた旦那さんに「ガイドが必要か?」と声をかけられた。必要なら自分たちと一緒に回ればいい、とのこと。

chunuが一人でいるのを心配してくれたみたい。

ご厚意には感謝感激だけど、ここは丁重にお断りした。

ファテプールの入り口までたどり着けたので、さっきのご夫婦とはそのまま何となく別々になった。向こうもchunuがここまで来たから、もう大丈夫という感じで、ずっとくっついてきたガイドと値段交渉を始めていた。

新婚ご夫婦さん、どうもありがとうございました。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。