QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩手前

飛行機以外の乗物に乗った時のchunuの特技。知る人ぞ知る、なのですが・・・

「寝る

寝る、ってより、寝ちゃう。

むかーーしから、これだけは変わらない。

インドでは列車、ネパールではバス、それぞれに乗ってた時なんか、周囲から何か病気なのか!?って心配されたほど寝てた。自然に寝ちゃうんだから、しょーがない。

うーん、20時間くらいなら、かる~く眠れるくらい、乗物にヨワイ←別な意味でね

そんなchunuですから、ファテプール行きのバスの中でも最初は窓の外を眺めてたものの、中盤から後半はほとんど寝てた。

どのくらい揺られてたんだろう?

そろそろ、着くのかなぁ?と思い始めた頃、周囲のインド人たちも同じことを考え始めたようで・・・



バスの車掌さんに、誰かが「そろそろファテプール?」って聞いた。

あともう少しで着くよ、と答えた車掌さん、こっからが大変汗

しばらくすると、また誰かが「もう着くの?」

そのあと、また誰かが「そろそろ?」

はたまた、また誰かが「どこで降りんの?」

車掌さんにだけじゃ飽き足らず(?)、周囲の人にも聞いている。

そのたびに、車内は伝言ゲームみたいな感じになってた(笑)。

「もう着くから」 「次の次の停留所だって」 「あと少し」・・・etc.

誰かの声を聞くと、聞かれた人じゃなくても、答えたりするからねー。

chunuもいつ着くんだろう?どこで降りたらいいのかな?なんてかる~く頭をよぎったりもしたけど、それ以上にインド人達の心配っぷりと確認の方がすごかった(笑)。

おかげで、この人たち見てれば、どこで降りるかなんて聞かずともわかるや。などという気持ちになり、またしばらく窓の外の風景を楽しむことにした。

しばらくして、案の定、「ここで降りるんだって」という声が聞こえ始め、それに促され、chunuもみんなと一緒にパスを降りた。

さぁ、あともう一歩でファテプール!

ちなみに、イードガーにつく頃にははガンガン。すごく強い日差しの中、砂埃と熱い太陽に焼かれながらバスに揺られ、最寄りの停車場に到着したchunuは、一路ファテプールを目指します。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。