QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ

出口の方へ歩いて行くと、門のところでBante Bhaiが落ち着かない様子でこっちを見ていた。

どっか行っちゃったかと思ったのかな?
なんか、幼稚園のお迎えに来た保護者みたい(笑)。

遅くなってごめんねー。

さぁ、行きましょうか。


この後、どこに行きたい?と聞かれたので、うーん・・・と考え、chunuの住んでいた寮のある場所を告げた。

ら、今度はBhaiが「うーん・・・」



いやー、なんて言ったらいいのかな~
あのさぁ・・・

もうオイルないんだよ、あ~っはっはっはっはっ~


・・・そうっすか・汗
じゃ、どこ行きたいかなんて、聞いてくれなくてもよかったのに・(汗)×2

行けなくはないけど、帰りにオイル切れで何かあるとイヤだから、今日はここまでにして、明日また行きたい所へ行けばいいと言われた。

え?明日も乗っけてくれんの!?

別に何が何でも今日行きたかったところでもないし、ホテルに帰ることにした。

帰り道、Bhaiにはずっと
「誰に話しかけられても絶対相手にするな」
「ここでは同性でも信じるな。女にも悪いやつがいる」
「変な奴に何か言われたら、ヒンディー語しゃべれるんだから、って言って近づけるな」
など、いろいろな注意を受けた。

Bhaiもここ(アグラ)は外国人が巻き込まれる犯罪がすごく多いところだから、と言っていた。

オートがホテルに近づくと、Bhaiに「ホテルの近くに止めるから、そっから歩いて帰ってな」と言われた。なんでだろうと思っていたら、「ホテルの前に止めれば、またホテルの奴が悪く言うだろ?自分を悪く言う言葉は聞きたくない」って。

そっかー。

ホテルの連中が自分たちを悪く言うのは仕方がない。でも、言われれば自分の誇りが傷つく。

こう言った後のひと言がすごく印象的だった。

「俺だってこの仕事がどれだけ汚いものか知っている」


車 車 車


オートはホテルの斜め向かいの靴屋さんの前で止まった。ここはBhaiが初めて働いた店なんだとか。
今の店主のお父さんの代の時に、子供だったBhaiは丁稚をしていたらしい。

最初にホテルまで送り届けてもらった時にもこの話は聞いていたけど、お店がここだったとは。
ずっと(ホテルの近くに)「俺のKaka(おじ)の店がある」って言ってたもんね。

店の前で、いつもの大声で
「先代の時に俺、ここで働いてたんだよー」と中に向かって声をかけ、chunuに「俺のKakaの店だ!」と言って嬉しそうに笑っていた。

Bhaiのケータイ番号を控え、明日電話する時間を約束し、今日のお支払いをして別れた。
はchunuが独断で決めた金額。

chunuにホテルはあっちだからな、と言い残して、Bhaiは昔の職場に入って行った。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。