QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まにーチェンジ

昨日、インドからメールがきた
送り主は以前このブログに登場したMamta
面接に受かったと連絡をくれた。

おめでと~~

結果が分かったら教えてね、とお願いしたことをちゃんと覚えていてくれた。うれしいなぁ。いい子だなぁ。彼女がこの先行くところはインドでいちばん日本語を学ぶ人口が多く、日本人もたくさんいるところ。もしかしたら、日本人の友達も出来るかもね。

さぁ、では本題に戻りましょうか。

お出かけしようと思ったけど、この先数日間の軍資金を作ることが先決と、まず換金しに行くことにした。




ホテルのおじさんに近所に両替出来るところはないか聞いたら、なんとホテルの裏手にあるという。ほんとう??

言われたとおりに道をぐるっと回ってホテルの裏手のバザールを直進すると・・・ 

あった

なんか、びっくり。
だって、とても両替屋があるようなところじゃないんだもん。

お店のおにーちゃんはchunuの顔を見るなり、両替?と聞いてきた。勧められるままに椅子に座ってお金を出したら、足りないと言われた

最低100$からじゃなきゃダメ、という。ちょっと交渉してみたけど、ダメらしいので、一度ホテルに戻ってまたを持って再訪。ったく、面倒くさい・・・。

今度はいいでしょ、などとしゃべっていたら、またどうしてヒンディー語を話すのか聞かれたので、ここで勉強したと答えたら、「じゃ、あそこ?」と古巣の地区名を言われた。そうそう、そこそこ。

曰く、そこのがくせーもここまで両替に来るらしい。ほんとうにぃぃ???

おまえは来なかったのかと聞かれたので、来たことないねぇと返事をすると、ちょっと面白くなさそうに「ふ~ん」だって。そう言われてもねぇ、銀行なんて来たばかりの頃に1回か2回くらいしか行ったことないし、通常は支給されてた分で間に合ってたんだもん15

さらに話をしていて、ついに「ここは本当に(正規の)両替屋なの?」と聞いてしまった。だってだって、ほんっとうに商売が成り立つとは思えないような場所なんだもん。

そうしたら、すかさず「本っ当だよっっ!」と言われてしまった。思わず「え~~~?」と答えたら、「ここはアグラでいちばん古いバザールのある地区だし、むか~しの建物も残っているから、それを見にガイジン(白人)がいっぱいくるんだよ」と教えてくれた。

なるほどねぇ。たしかにここは旧市街中の旧市街だもんね。お兄ちゃんは誇らしげに「ここはたしかに古い街だけど、Old is Goldっていうじゃん?そうだろ?」と言う。たしかにそうだね、そう思うよ。

などとのんきに話していたら、「ほら、見ろよ」と外を指差すので、なんだ?と横を向いたら、ガイドさんに連れられた白人の熟年ご夫婦らしきカップルが歩いている。

あら~~~ ほんとだぁ

びっくりしてお兄ちゃんを見たら、「なっ?」という感じでニヤニヤしている。いやいや、失礼しました。

その後、もう少しおしゃべりに付き合って、お店を後にした。まぁ、イイ人とはとても言えるような感じのおにーちゃんじゃなかったけど、いろいろ教えてもらって楽しかった。

さ、今度こそ、お出かけするぞ~~



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。