QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失態

こそっと数日前からインドにいます。

今はアーメダーバード。

ちょっと事情があって、今回は2月に出発することにしたので、
今までずっと諦めてたグジャラートへようやく来られた。

大体いつも来る時期だと、暑くなりすぎてる感が強くて、
躊躇しちゃって。

あ、大失態はインドに到着するまでの道のり。



日本出発の前日まで、ずーっとドタバタしてて、
支度も出来たんだか出来てないんだか、と思う状態で出発。

出かける感じがしないというか、現実味のないまま、フラフラ出てきてしまった感じ。

そのせいか、ずーっと失敗続き。

まず、早朝部屋を出て、いつも空港まで行くのに使う時間の電車にちゃんと間に合ったくせに、空港行きと書いてない(実際にはその後ちゃんと接続される)から間違えたんじゃないかと電車を降りてしまい、予定より30分以上遅れて空港到着。で、乗ったのはエア・アジアだったのだけど、カウンターが最悪。

屋外みたいなところにあって、その上、手際も悪く、スタッフの人数も少ないせいか延々長蛇の列で全く進まず。どうすんだろう?と思っていたら、Webチェックインの済んでいる人は別のカウンターで手続きができると呼ばれ、行ってみると確かに人はいないけど、カウンターのおねえちゃんがノタノタもたもた何かをしていて、これまた延々待たされた。あの手際の悪さとやる気のなさはどうにかした方がいいと思う。すごく良くない。

遅れて到着、カウンターでも思ってもいなかった時間を食い、またバタバタと出国手続きへ。平日だったのに時期なのかわからないけど、ここでもすごい人。

結局、なんだか走り回るようにして、やーっと機内へ。

その後は、まぁ、と言いたいところだったのだけど、chunuのとなりに座った親娘がちょっと…だったので、なんかモヤモヤしたままバンコクへ到着。

飛行機は気流の関係で定時より大幅に遅れ、やっとバンコクと思ったら、滑走路混雑の順番待ちになってしまい、結局2時間くらい遅れて着陸。

到着はドンムアン空港。そこからchunuはスワンナプーム空港近くのホテルまで移動しなくてはならない。2つの空港間は無料のシャトルバスがあるので、それでスワンナプーム空港まで行って、そこからタクシーでホテルまで行けば、お金の節約になるとchunu考え、実行することに。ただ、時間によってはバンコク名物交通渋滞でなかなか進まないと読んだので、これまた気が焦ってソワソワ。

出発前日には雪の降った東京から一気にモワッと暑いバンコクまで。服は脱げるようにしたつもりでも、寒がりchunuはそれなりの厚着をしてきたので、まずバンコクの空港で服を脱げるだけ脱ぎ、ターンテーブルで荷物をピックアップしたら、すぐにカバンに突っ込むようにした。

こいうこともしょっちゅうしてるのに…

気があまりにも急いていたり、ずっと気持ちがソワソワしていたので、いろんなことへの注意が散漫になってしまい、カバンの鍵を落っことして来てしまった。

気づいたのは、到着口を出てから。

カバンが開いていることに気づいて、鍵(本体)をかけ、ふと、そういえば、開ける方の鍵、どうしたっけ?と思って手荷物カバンの方を探してみたけど、ない。

必死にカバンの中を漁ってもない。どこでどうしたかも思い出せない。

でも、思い当たるフシはもうターンテーブルのところしかない。慌ててインフォメーションで必死に事情を説明して、どうにか中に入れてもらえることに。

ただ、ここはバンコク。何事ものんびり。気が急いている上、今までしたこともないような失態をしてしまい、すっかりパニック状態。もうじっとしていられず、バンコクに住む友人へSOSコール。別にそんなことしたってどうにもならないのに、不安になってつい。

ただ、友人も仕事中なので、話はできずチャットでちょこっとやり取り。状況を話し始めたところで空港の係の人が来て、中まで連れて行ってもらえることに。

中へ入った後、エア・アジアのカウンターへ連れて行かれたので、そこでまた事情を話してターンテーブルのところまで職員の人と一緒に。中へはいるときに個人情報と荷物検査をして、移動は常に職員の誰かと一緒。結構厳しい。

カバンを開けたところへ戻ってみると、あったーーー!!誰かが拾って、近くのカウンターの上に置いておいてくれた。

あぁ、これでカバンが開けられる!!ホテルに移動できる!!

シャトルバス乗り場まで急いで行き、手続きを済ませ、スワンナプーム空港へ。そこから無事にタクシーに乗れたものの、思いっきりぼったくられた。

もう疲れてヘロヘロ。

一体、今回はなんなんだろう…。

ただ、この先、さらなる失態が待っているとは、この時のchunuは知るよしもない…。





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。