QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taipei EYE

到着した日の夜、Taipei EYEという観光客向けの伝統芸能ショー施設に行ってきた。開演されているのは週に数回で、一番時間が長いのが土曜日。これは!と思って予約した。

開演前には出演者のメイクが見られたり、獅子舞の獅子と記念撮影が出来たりして、サービス満点。

ショーはまず、獅子舞から。次の京劇よりchunuはこっちの方が良かった。感動。いったい、どんな筋肉をしているのか、普段、どんな筋トレをしているのだろう。

中華圏の人たちって、身体能力が高いのかな。京劇にしたって、バク転のスピードは早いし、高さはあるし、滞空時間だって長い。すごい!

獅子舞が終わるとインターバル。幕間の時間を利用して、また伝統音楽や歌、記念撮影が出来る。本当にすごいサービス。

京劇は開演前にあらすじがスクリーンに出るので、概要がつかめる。
劇中は字幕も出るので、セリフがわかるようになっている。
本当にここはサービス満点。

終演後、帰るときもさっきまで京劇をしていた出演者の人たちが見送りに出てきてくれる。

タクシーで帰る場合は、受付で手配をしてくれるし、至れり尽くせり。

夜の外出は怖くて嫌いなんだけど、出てきてよかった。
ただ、時間が気になってしまい、あまり劇に集中できなかった。

最寄り駅の近くにいくつか屋台が出ていて、美味しそうな焼餅とかを売っていて
買えばよかったのに、急いでいたので、それより帰宅!と戻って来てしまったのが間違いの元。

宿泊先周囲のお店はことごとく閉まっていて、なんにもない。

挙句に、心配していたとおり、宿泊先の入り口ドアは閉まっている。
真っ青になりながら、オーナーに電話して、下まで降りてきてもらい、中に入った。

「鍵、どうしたの?持ってないの?」

と聞かれ、「あ!!!」

入り口のカギを渡されてたのに、忘れてた。
ひたすら、平謝り。

その後、もう一度、外に出て食事を物色。

結局、何もなく、人生初の吉牛…。

台湾ビールで乾杯し、夕飯。

ただ、ビールは水みたいに薄い…。

物足りなくて、我慢できず、チャットで話していた友人にお願いして、コンビニへ行って帰ってくるまで怖いからオンラインのまま繋がっていてもらい、買い物に出かけた。

夜、外出するのが嫌とか嫌いとか言いながら、これ。

中心部の大通り近くにいるからできたことだし、すぐ近くにコンビニもあったから。

コンビニでは前回食べて美味しかった煮卵を買うつもりだったのに、物色していたら、つい、ご飯に…。日本メーカーのビールとご飯を買って帰ってきた。

あぁ、食べ過ぎ。

でも、今日は1日、大変だったしー、などと言い訳をしながら、2度目のお食事。

これでやっと満足。

今回はなんか楽しい。到着した当日からお出かけできたせいかな。

宿泊先の場所もよかったのだろうし、前回に比べて、充実してるような気がする。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。