QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均水準

いくら来世でイギリス人に、と言っても、ある一定水準を超えたおうちにじゃなきゃ、厳しい。

まぁ、どこでもそうですけどね。

結局、chunuが見てきたものは氷山の一角の、いわゆる「陽」の部分。

「陰」の部分は何も目にしていないから、のんきに来世はなどと言っていられる。

これ、今になって思い始めたことじゃないですよ、念のため。

現地にいるときから、ちゃんと思っていました。

だって、あんな物価の高いところで暮らすには、いったい月にいくらくらいの収入が必要なんだろうか、などと考えずにはいられない・・・。


どのくらいの収入があれば、ハロッズの大袋をいくつも抱えた人達と同じくらいお金を自由に使えるのだろう?

最低限の生活を守るには、日本の何倍お金が必要なんだろう?

毎度毎度ではないにせよ、お店に行けば従業員はどのくらいの生活費でやりくりしているのだろうか、と思い、道行く人を見れば、この人たちはいったい月収いくらくらいなんだろうか、という考えがつい頭をよぎってしまう。

ぜんぜん、想像つかないけど。

以前、インドで話したイギリス人(来日経験なし)と家賃や駐車場の金額の話になって、大体の相場と思える額を言ったてみたら、ロンドンとそんな変わらないと言っていたけど、どうだろう?ロンドンの方が高いのでは・・・。

それなりに暮らせる、という意味での平均値は日本の方が高い気がする。

日々の暮らしは本当に苦しいし、生活しやすい国とは思っていないけど、それでもまぁ、今のところはどうにかやっていけてるし、こうやって海外に出ることも出来ている。環境的にも恵まれている方だろうし。

何を基準に、と言われると困るけど、どうしても「それなり」に暮らせている人の数は日本の方が多い気がしてならない。

まぁ、別に本気で来世のことを考えているわけじゃないけど、ロンドンでは生活費について日々思いを馳せていた。

あぁ、chunuってほんと、ちいさい


・・・あ、小さいで思い出した。

書いてないから言われていないと思われるかもしれないけれど、

相変わらず、学生、とよく言われた。

ここまでくると、いったいいくつまでそう言われるのか興味が出てきた。

chunuが考えるに、見た目ではなく、しっかりしてないからなのだろうな、きっと。

あぁ、やっぱりchunuってダメダメだ・・・


ぜんぜん、まとまってないけど、とりあえず、これをロンドンのまとめにしたいと思います。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。