QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえりみち

オーナムが終わって、chunuの帰る日。

チェンナイに早く行っても用がないし、結局また夜便で戻ることにした。

翌日の朝、チェンナイを発つので、1泊は向こうでしないと。

ホテルは改装中で倉庫のような状態になっていたので、宿泊代はいいと言われたけど、

これで払わないとまたいつどこでどんな言いがかりをつけられるかわからないし、

どんな恩を着せられるかもわからないので、本当は払いたくなかったけど、払ってきた。



帰りはIndigoでチェンナイまで。

ここは搭乗しているスッチーがどこ出身なので、何語が話せますよーというアナウンスをする。これ、かなりchunuのお気に入り。面白い。

そして、おかっぱのかつらをかぶっていると思われるスッチーも数人。これまた、おもしろい。

で、この日のスッチーたちは、シッキム出身とか、ベンガル州出身とか、どこそこ出身とか(6人くらいいた)で、ネパール語だの、ベンガル語だの、マラーティー語だの、ヒンディー語だの、と、南インドとはまーったくかけ離れた言語をお話になられる美女たち(笑)。

タミル語、マラヤーラム語…なし(笑)。

この便、南インド便なんですがねぇ~。わらえる。

帰りは行きほど飛行機も揺れず、ホテルのお迎えもちゃんと来てて(事前に2度電話して念押しした)、あまり困ることなく到着。

それにしても、インドでは、現地携帯がほんっとうに役に立つ。これがないと、成り立たない、と持つようになってからつくづく思う。どうにか、いつも使えるSimをGetしたいんだけどなぁ。

チェンナイの空港に着いたのは夜11時くらい。でも、すごく活気があって、空港で働く女性の姿も普通に見られて、びっくり。

活気があんなにあると思わなかったし、とにかく女性がたくさんいて、それにいちばん驚いた。

そんなもんなのかな?

ホテルは空港には近いけど、ローカルな場所にあって、これまたそんな時間でも、人が思ってたより多くいたし、お店が開いてたり、店じまいしているところだったり、チャリで子供が走ってたり…。

すごく驚いた。

ホテルはまぁ、ひと晩泊るだけなら十分。

で、翌朝は5時起き。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。