QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブバネーシュワル

ブバネーシュワルはお寺が有名なところ。

でも、正直、来なくてもよかったかも…。

まぁ、どこでも1度は行ってみれば満たされるからいいけど。

ガイドブックに載っているところは一応、全部まわったけど、

うーーーん、そうねぇ。

いちばん楽しかったのは、動物園だったり(笑)。

ガイドのおじさんたちに客引きをされて、カウンターに行って手続きをしたとき、ボス的なおじさんの周りに他のガイドのおじさんたちが群がっていて、みんなで大騒ぎ。英語の奴、いないかー!こいつはヒンディーだって言ってるぞー!おーい!ヒンディーの奴はどこ行ったーー!!

てんやわんやでやって来たガイドのおじさんが入場チケットを買ってきてくれたのはいいけど、chunuが外国人だと分からず、ローカル料金で買ってきたのでまた大騒ぎ。ボスのおじさんも出てきてなぜかまたてんやわんや。

でも、他の観光地と違って、普通に親切なおじさんたちで本当にうれしかった。

動物もなかなかで、ホワイトタイガーもいた。

チンパンジーとオランウータンの檻のところでは、わざわざガイドのおじさんが中に入って、無理やり動物たちを外に出してくれちゃったし(笑)。

一応、サファリバスなるものがあり、ライオンやトラも見た。

ただ、この時期は動物も暑くて日陰や厩舎に入ってしまうので、あまり姿は見えず。
chunuも暑さでバテバテ。

外に出てきたら、ボスのおじさんが遠くから笑いながらやってきて、来たときは白かったのに、出てきたときは暑さで顔が赤くなっちゃったねーと言われた。

出口近くになったら、ガイドのおじさんがドライバーに電話してくれたり、車が来るまでボスのおじさんと一緒に待っててくれたり、別れ際にもチップを要求されず、嫌な気持ちにならず別れることができた。

ボスのおじさんは電話番号と名前をノートに書いてくれ、来年また来たら電話してね、だって。

おじさんたちには会いたいけど、ブバネーシュワルは…。

プリーも2日くらい海を見るだけならねー…、でもホテル代どこも高いから、ちょっと無理だな。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。