QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイヤー

チャミンダーからナンギーと呼ばれて、はい?と答えたら、意味わかんの?と笑われた。

ナンギーの意味は妹。

スリランカもインドやネパールと同じように呼びかける。で、兄は?と聞いたら、アイヤーと言われた。あらー、ヒンディー語ではバイヤーだー。

以後、アイヤー、ナンギーで私達は呼び合うこととなった。大体、chunuの名前は簡単なくせに、海外に出るとえらく発音がしにくいものに変わってしまうようで、行ったことのある国ではマトモに呼ばれたことがない。

そういえば、クジャクのいた池で、アイヤーからトゥクトゥク運転してみる?と聞かれたけど、壊したら(笑)と思ってやめちゃった。うーん、後になってみれば、一回くらい運転しておくのだった・・・。あんなチャンスもうないだろうしなぁ。


チャミンダー号
仏陀シールが付いているのが見えるかな?仏教の国に来て、ここでようやく仏教徒に出会った。




さて、クジャクを見た後は、郊外に出た。

まず、無料のハーバルガーデン 
スリランカにはハーバルガーデンがたくさんある。で、無料もたっぷり。まぁ、だいたいどこもお客さんをちょろっと連れまわして、あとはハーブ製品やスパイス販売がメインだけど。

chunuが連れて行ってもらったのは、大型バスで来るツーリストも立ち寄るような大きめのところだった。ここでは日本語ガイドがいるからちょっと待て、とお茶を出されてしばらく待つことに。別にいいって言ったんだけど、いるから、いるからってみんなに座らされてしまった・・・。

しばらくして、ガイドのおじさんがやってきて、出発。
それなりにあちこち見せてもらったり、説明してもらったり、見学らしいことも出来た

・・・が、おかしなことに日本語でのガイドは最初の1/3程度。まぁ、きっかけを作ったのはchunuなんだけど おじさんの日本語はスリランカで習得したもので、日本には来たことがないと言っていた。それでも上手だなーと思い、他に何語が話せるの?と聞いてみたら、いくつかあがってきて、その中にヒンディー語が。へー、私もヒンディーなら出来るよーと言ったら、結局、最後までそれでやりとりし続けてしまいましたとさ。

お決まりの、あれはどうだ?これは買っていかないか?は、お断りし、さっさと次へ。

次にいったのは、アーユルヴェーダセンター(?)

スリランカもアーユルヴェーダがさかん。で、こんなところでも、オイルマッサージやらサウナやらをしているらしい。

連れて行かれた施設(??)は、ちょっと大きな民家のような感じ。で、アイヤーが大声で人を呼び、出てきた人にコースなどの案内を受けた。

・・・が、た・・・高い

どれもこれも信じられないような価格設定。さすが外国人観光客向け施設!!

こんなんじゃ、受けられないよーと値段交渉開始
だって本当に受けたくても受けられないんだもん・・・。

財布をにぎりしめ喧々諤々していたら、しょうがないと思ったのかアイヤーも中に入ってくれ、2対1での交渉の結果、どうにか全身オイルマッサージは受けられるようになった。ほんとは、シローダラーもやってみたかったんだけどなぁ。

その後、小さな暗い部屋に案内され、木のベッドに横になってマッサージ開始。

全身オイルを塗りこまれ、ぐいぐい揉まれる。んー、見当はついていたけど、特別ではないよねぇ、やっぱり。観光客相手にお金をがっつり取るのが目的のところだから、施術する人も別にフツーの人だし。

そういえば、ダランでも以前、産婆さん的な人がうちに来たときchunuもついでに全身オイルマッサージしてもらったことあったなぁ~なんてことを思い出しながら、グリグリグイグイ、オイルを揉みこまれる。んー、食材になった気分

気付くとすっぽんぽんで頭の先から足の先までたっぷりオイルまみれ。オイルには一応、ハーブが入っていたようなので香りはよかった。

1時間くらい?それ以上かな?しっかり揉みこまれ、最後はタオルでざっとオイルを拭って完了。
かなり力強く揉みこんでくれたので、終わったあとはなんとなく筋肉痛っぽい(笑)。

出口でお茶を出され、飲んでいたらチップを要求されたので、すってんてんの財布の中からちょびっと出して渡したら、これだけ!?と言われた。いやーだって、持ち合わせ、ないんだもん

その後、カウンターで支払いを済ませて、ホテルに戻ることにした。

明日も何かあれば自分を呼べと携帯番号を渡され、ホテルの入り口でアイヤーとはバイバイ
なんだか名残惜しそうにしていたので、また明日何かあったらねーと別れたけど、このときは翌日あんなに驚くことが起きるとは思わず、早くシャワー浴びたいなぁー、なんて考えながら部屋に急ぐchunuでした。

途中、顔見知りになったボーイさんにマッサージしてきた?いい匂いがするね、と声をかけられ、びっくり。自分では分からなかったけど、周囲に香るものなんだー。

そのままちょっと話していたら、あ!あそこ見て!と言われて、見てみると、でっかいものがノソノソ・・・。なにかと思ったらイグアナだって。びっくりしていたら、ここではよく出てくるしもっと大きいのもいるよーと笑っていた。アブラでベタベタだったので、カメラを使う気にならず、写真はナシ。でも、おっきかったー!

ちなみに、

オイルマッサージを受けた当日はお風呂(シャワー)は厳禁 体にオイルがしみこまない(薬効がなくなる)からだそうです。とはいえ、いつも頭と体のベタベタに耐えられず、chunuはシャワーで洗ってしまう

じゃぁ、受ける意味ないじゃーん!とは言わないください。

コメント

シローダラー

美容のためとはいえ、油まみれのまま翌日まで過ごすのは大変ですよね。さっぱり好きな日本人ならなおさら。
シローダラーって何ですか!?初めて聞きました。
オイルマッサージとはまた違う美容&健康法?

Re: シローダラー

アーユルヴェーダはインドの伝統医学で、シローダラーはおでこ(第三の目があると言われているあたり)に温めたハーブオイルを1ℓくらい垂らし続けることで、脳をリラックスさせて、顔や首、肩などの緊張や痛みをやわらげてくれる治療法です。

純粋に医療治療としての施設もあれば、chunuの行ったところのようななんちゃって施設やら、美容目的の施設など、たくさんあります。日本でも個人で開業している人もいるから、大枚はたけば体験できなくはないです・・・。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。