QLOOKアクセス解析
ようこそ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
写真は全てクリックすると大きくなります
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
全ての記事

全ての記事を表示する

トラックバック
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初上陸

デリーからコロンボに向かう時間(午後)には、霧はすっかり晴れ、飛行機は無事定時に離陸。一応、国際線ではあるけど、雰囲気は国内線。今度は何事も起きませんように、と祈りつつ、3時間くらいかな?過ごした。

窓の外を眺めているうちに、だんだん島らしきところの上を飛んでいるようになってきた。

おー!ついにスリランカ上空に来たのかも!



機内に着陸のアナウンスが流れ、たくさんのココナツの木に南国を感じつつ、

スリランカ、初上陸

飛行機から降りると、当たり前だけど、暑い。

コロンボの空港は夜中が国際線ラッシュらしく、日の高い間はのんびりしたもの。カトマンズほどのんびりした感じはないけど、デリーよりは地方都市の空港って感じがする。

空港の中は、結構近代的。たしかこの空港は日本が作ったとかなんとか。まぁ、そんな感じがする。

ここで驚いたのは、イミグレーションのカウンターの多さ。こんなに必要なの?と不思議になるくらいの数。ダーッと横一直線に並ぶだけでは飽き足らないのか、その先にまでダーッと並んでいる。って、説明が悪くてよくわからないでしょうねまぁ、L字型にカウンターが並んでると思ってください。

その時間はchunuの乗っていた飛行機だけしか着陸してないせいか、とにかく空港内は閑散としていて、ガイドブックにはイミグレーションで時間を取られると書いてあったけど、待ち時間、ゼロ お客がどんなに少なくても、きっちりがっちり待たせるカトマンズのイミグレーションの方が、よっぽどタチが悪い。

しーんとした空港内を進んでいくと、家電やらお酒がたくさん。お店はびっちりだけど、お客がいないから、店員もいない。

荷物のピックアップも済ませて、外に出て、まずは両替

これもガイドブックにはいろいろ書いてあったけど、まぁ、人がいないから、カウンターの人も商売っ気ゼロ。コロンボの空港なら両替は日本円から問題なくできる。お金は目の前で機械を使って数えてから渡してくれるので、特に掠め取られるとかの心配もないんじゃないかな?

その後はタクシー。旅行会社のカウンターもほとんどが無人で開店休業状態。深夜にならないと、空港には活気がないんだろうな。

手配を済ませ、いよいよ町に!

この日から数日滞在するのは、ニゴンボという空港近くにあるビーチリゾート。

到着するのが夕方だったので、市内に夜入るのがちょっと心配だったのと、なにより、コロンボのホテル代は高くて、無理だった・・・。

タクシーから見える外の光景は、南国ちっく。さすが。

女性はインドより洋服率が高い。ロングスカートにシャツって姿が一番多かったかな。サルワールやサリー姿の女性はあまり見かけなかった。スリランカのサリーのスタイル、可愛らしくて素敵なのになー。

ニゴンボの町はクリスチャンの町らしくて、大きな教会があったり、道のあちこちにキリスト像を祀った祠があったり、南インドの様子と被る。結構ボリウッドスターの看板(食品とかの)も多かったし、雰囲気は南インド的といえると思う。

さて、そんなこんなしているうちにホテルに到着。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。